【iPhone】借金の契約書(借用書)をアプリで作成する

iPhone用アプリ「リペイズ」を使って借金の契約書(借用書)を作成し、コンビニのマルチコピー機で印刷する方法です。トラブル防止のために、親族や知人間の借金でも契約書の作成をお勧めします。

借金の契約書(借用書)の種類

契約書を作成するタイミングによって、作成する契約書が異なります。お金を貸す前、もしくは、お金を貸す時に契約書を作成する場合は「金銭消費貸借契約書」を作成し、お金を貸した後に契約書を作成する場合は「債務承認弁済契約書」を作成します。

どちらの契約書の場合も2通作成し、貸主・借主の両方がサインと押印をした上で、お互い1通ずつ所持します。


金銭消費貸借契約書の作成方法

貸出条件(返済条件)の設定

リペイズを起動したら、右上の「+」をタップして新しい貸出を作成します。

貸出の名前を設定します。後でこの貸出が何のための貸出か分かるように、お金を貸す人の名前や、お金の利用方法などを入力します。

貸出金額、金利、貸出予定日、返済方法を入力します。後から変更することもできますが、変更した場合は契約書を再作成する必要があります。

金利は法律で上限が定められておりますので注意してください(利息制限法の上限を超える場合は警告が表示されます。出資法の上限を超える金利は入力できません)。

返済方法は一括返済、分割返済(毎月)と自由に返済を選択できます。返済方法は貸出金額や金利と合わせて契約書に記載されます。

自由に返済を選択した場合は、契約書に返済期限が記載されません。返済トラブルの原因となる可能性がありますので、特別な理由がない限り、一括返済か分割返済を選択することをお勧めします。

「貸出の新規作成」画面の「返済シミュレーションを実行」をタップする事により、現在の条件で返済シミュレーションを実施できます。返済条件の調整にご利用ください。「完了」をタップすると新しい貸出の作成を完了します。

金銭消費貸借契約書の作成と印刷

新しく作成した貸出をタップして、貸出の詳細を表示します。

貸出の内容に問題がないか確認し、問題がなければ「契約書・明細書の作成」をタップします。

作成する書類として「金銭消費貸借契約書」をタップします。

作成された契約書を確認し、問題がなければ「印刷・共有」をタップして印刷します。必ず貸主用と借主用の2通を印刷してください。

コンビニでの印刷方法は、↓を確認してください。
コンビニでの印刷方法

契約書へのサインと押印

印刷された契約書について、貸主と借主が共に内容を確認し、内容に問題がない場合は、印刷した2通の契約書に貸主・借主共に自分の住所氏名を記入し、判子を押してください。出来上がった契約書は、貸主と借主がそれぞれ1通づつ保管します。

作成した契約書には、法的な強制力(差し押さえなど)はありません。強制力を持たせるためには、裁判を行うか、事前に公正証書にしておく必要があります。公正証書にする場合は、契約書を3通作成し、近くの公証役場で手続きを実施してください。


債務承認弁済契約書の作成方法

貸出条件(返済条件)の設定

まだ貸出を作成していない場合は、上の「金銭消費貸借契約書の作成方法」の手順に従い、新しい貸出を作成してください。すでに返済や追加貸出を行っている場合は、一番最初に貸した金額と貸出日で貸出を作成してください。

返済や追加貸出の記録

すでに一部返済を行っていたり、追加で貸出を行っている場合は、先にこれらの情報を入力してください。返済の入力は「返済を記録」、追加貸出の入力は「貸出を記録」をタップします。

返済や貸出の金額と日時を入力します。

取引明細書の作成

契約書作成前に取引明細書を作成し、貸主・借主双方で取引内容に間違いがないか確認することをお勧めします。取引明細書の作成は、「契約書・明細書の作成」の「取引明細書」をタップします。

明細書が作成されたら、「印刷・共有」をタップして印刷します。

コンビニでの印刷方法は、↓を確認してください。
コンビニでの印刷方法

債務承認弁済契約書の作成と印刷

取引明細を確認し、問題がなければ債務承認弁済契約書を作成します。債務承認弁済契約書の作成は、「契約書・明細書の作成」の「債務承認弁済契約書」をタップします。

作成された契約書を確認し、問題がなければ「印刷・共有」をタップして印刷します。必ず貸主用と借主用の2通を印刷してください。

コンビニでの印刷方法は、↓を確認してください。
コンビニでの印刷方法

契約書へのサインと押印

印刷された契約書について、貸主と借主が共に内容を確認し、内容に問題がない場合は、印刷した2通の契約書に貸主・借主共に自分の住所氏名を記入し、判子を押してください。出来上がった契約書は、貸主と借主がそれぞれ1通づつ保管します。

作成した契約書には、法的な強制力(差し押さえなど)はありません。強制力を持たせるためには、裁判を行うか、事前に公正証書にしておく必要があります。公正証書にする場合は、契約書を3通作成し、近くの公証役場で手続きを実施してください。


アプリのダウンロード

リペイズはAppStoreからダウンロードできます。下記のアイコンをタップすると、AppStoreを開きます。