公開終了してしまったiMessageのステッカーを新しいiPhoneでも使う

投稿者: | 2020年7月1日

愛用しているiMessageのステッカー(LINEスタンプみたいなの)が、いつの間にか公開停止になっており、新しいiPhoneに機種変更したら使えなくなってしまいました。
AppStoreは、アプリの公開が停止されても、ダウンロード済みのアプリは削除するまで利用できますが、iMessageのステッカーも同じようです。

気に入ってたので、なんとか使えないかと色々やってみたら、Mac版のiMessageアプリでステッカーをそのままPNG画像として保存できることがわかりました。公開停止したステッカーの全画像をMacに保存し、後はXcodeで自作のステッカーアプリをビルドしてiPhoneにインストールすれば、今まで通り使えます。

著作権の問題があるので、AppStoreで公開はできない


画像をiMessageのステッカーに変換できるiPhoneアプリがあったので試してみたのですが、透過処理が正常にできず、ステッカーに薄いグレーの枠が付いてしまうようです。

公開終了してしまったiMessageのステッカーを新しいiPhoneでも使う」への3件のフィードバック

  1. aki185

    コメント失礼します。
    同じことを考えてこちらの記事に辿り着いたのですが、自分だけが使用するステッカーを作成する場合でも、Apple developer Programへの登録が必要なのでしょうか?
    アプリの方はテストは出来るが1週間しか使用できないことは分かりましたが、ステッカーについては見つけられませんでした。
    やはりステッカーも1週間限定なのでしょうか?
    お手数ですが、教えていただけたら幸いです。

    返信
    1. Yuh 投稿作成者

      動作を見る感じ、ステッカーもアプリ扱いのようなので、普通のアプリと同じように、実機へのインストールはApple developer Programへの加入が必要と思われます。

      返信
      1. aki185

        お礼が遅くなり申し訳ありません。
        やはりそうなのですね。
        お返事ありがとうございました。

        返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です