Mojaveにしたらスタンバイ時にMacBookのバッテリーが減る→解決

投稿者: | 2018年12月28日

MacBook Pro(2015年モデル)のOSをMojaveに更新したら、スリープ時に超バッテーリーが減るようになってしました。
一晩で20%くらい減ります。

同じように更新したMacBook 12インチ(2016年モデル)は問題なかったため、pmsetコマンドで電源周りのログを確認し、挙動を比較したところ、MacBook Proの方は画面を閉じても常時「Deep Idle」状態で、スタンバイしていないことがわかりました。

pmsetで電源周りの設定を確認するとMacBook Proの方は「standbydelayhigh」と「standbydelaylow」がすごく大きな値となっており、これをMacBook 12と同じ値に設定し直したところ、画面を閉じて一定時間後にちゃんと「Standby」状態になるようになり、スタンバイ時?にバッテリーが減らなくなりました。

設定コマンドはメモを忘れてしまったので、「man pmset」で設定方法を確認してください。
下の画像は、修正後の設定値(「pmset -g」コマンドの出力)です。

修正後の設定値

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です